公演情報

vol.19.5 あ・らかると

今年、20回公演を迎えるはぶ談戯。
節目の年として、本公演の前に、4,5,6,7,8月に『テンゴ公演』を行うことにしました。

『あ・らかると』 は、今まで劇団や外部で上演してきた短編の中から、選りすぐりの作品を集め、毎月2本ずつ上演していく企画です。

はぶ談戯Vol.19.5
「あ・らかると」
作・演出 穂科 エミ

会場

ホボホボ(東新宿)
〒169-0072東京都 新宿区 大久保 1-12-27

タイムテーブル

〈公演日程〉

4月8日(土) 春のアラカルト(テーマカラー:桃色)

5月13日(土) ゴールデンアラカルト(テーマカラー:黄色)

6月10日(土) 梅雨のアラカルト(テーマカラー:紫)

7月8日(土) 初夏のアラカルト(テーマカラー:緑)
上演作品『かしましく』

8月19日(土) 真夏のアラカルト(テーマカラー:青)


〈開演時間〉

14:00〜、17:00〜、20:00〜


〈上演時間〉

約1時間10~20分
(宴会トーク付)

チケット

〈発売日〉

3月1日(水) 0時より販売開始


〈お申込みフォーム〉

Quartet Online

〈備考〉

予約・当日共に、3000円(ドリンク別)
自慢のおつまみ付き


はぶ談戯ツイッターをリツイート(スクリーンショットをした画像を要提示)または、公演ごとの『テーマカラー』が入ったものを身につけた方は、200円引き。

出演

長谷椿

雅 憐

南 貴子


島田雅之(DART’S/かはづ書屋)

四條友起子

川田早矢加

増田赤カブト

(ポップンマッシュルームチキン野郎)

工藤理穂

豊田豪(海賊のように飲む会)

中川えりか(AND ENDLESS)

宮川智司

中村公平(レトロノート)

橋本恵一郎(欲棒仙人π)


他…

上演予定作品

『すごろく列車』
とある環状線に乗る男。しかしいつも乗る電車と何かが違う。
乗客たちはサイコロを振り、目的地ピッタリの数字が出ない限り降りることができないと知る。
訳アリの乗客たち。男は無事、目的地で降りることができるのか。
『友情の距離』
同窓会帰り。幼馴染みの男二人は、飲み直すことに。
出逢ってウン十年。縁が切れることなく続いてきた友情関係。
突然知らされる結婚話と海外赴任にショックを受ける男。
二人の友情の行方はいかに。
『イイオトコとイイオンナ』
ダメ男ばかりに引っかかる女。イイオンナなのに男運がまるでない。
新しい彼氏を紹介しようと、馴染みカフェで友人と待ち合わせをする。
『イイ彼』がをジャッジするのは、親友の女とカフェのマスター。
果たして、今度の男は『イイオトコ』なのか。
『父と母と僕の間に』
父が遺したバーを細々と営む男。
そこに1年ぶりにやってくる妹。
妹が兄に伝えることは、『お母さんに会いに来て』
父と母と男の間にある、いつまで経っても消えない何か。
男は、息子は、『何か』を見つめ直す。
『明けない夜のヒメゴト』
部下の男のミスで残業することになった、上司の男と同僚の女。
しかし、部下の男は仕事をするどころか無駄話の脱線ばかり。
何度か軌道修正をするも、深夜のテンションよろしく、だんだん話に花が咲き、普段言えない秘密の話の暴露大会に。
しかし世の中、知らないほうがいいこともあり………。
『ツタエルツナガル』
クレーム相手、父、いのちの電話、愛しい彼……。
それぞれ事情を抱えた男女が、通話相手と懸命に話している。
その会話はいつのまにか一つに繋がり、一人の女へと繋がっていく。
『殺し屋と葬儀屋と死神』
大学の同期の結婚式で再会した男三人。
それぞれ別の道を歩み、それぞれの悩みを抱えていた。
葬儀屋の男、殺し屋の男、そして……死神?
三人の男が再開したのは、偶然じゃなかったのかもしれない。
『夫婦台風』
深夜の喫茶店で、離婚届に判を押す順番でもめている夫婦。
外では、すぐそこまで台風が近づいてきていた。
台風の激しさが増すと同時に、たまりにたまっていた互いの不満をブチまける二人。
台風が去り、朝陽が昇る。その時、夫婦の未来には光が差す…のか?
『かしましく』※7月上演
とある区民施設に集められた、19歳、29歳、39歳の三人の女。
声をかけてきたのは『ケイ』と呼ばれていた男。しかしそこに姿はない。
ケイは、女たちの『元カレ』だった。
ケイはメールで、こう呼びかけた。
『君たちで、俺の良い所を話し合ってほしい』
ケイの目的は?
年齢の違う三人の元カノたちの静かなバトルが始まる。

お問い合わせ

メールで

info@hub-web.jp

ページトップへ